当院について

当たり前の日常を実感し、
『楽に』過ごせます。

・断続的な治療が必要だが、通院が困難な方
・急性期の治療が終わり、早期退院をするために支援が必要な方
・癌・非癌に関わらず、終末期(積極的治療によって改善が見込めない)の方
・どんな病気であれ、最期までご自宅で過ごしたいと希望されている方

在宅での療養を希望される方々に、疾患や障害があるからこそ、その人らしい有意義な人生を 自律的に過ごしていただきたいと考えています。
「痛い」「しんどい」といった身体的な苦痛、「つらい」「不安」といった精神的な苦痛を和らげ、 家だからこその「やすらぎ」を大切にし、当たり前の日常を『楽に』生活できるよう支援します。

Pic 01

Pic 02

地域と連携し、
『家族も安心して』過ごせます

病状にかかわらず、『家族も安心して』生活できるよう、最期まで自分らしく過ごしていただくために、 訪問看護ステーションや居宅介護事業所とも連携します。
地域の医療機関とも連携し、入院や検査が必要な時には、連携病院を紹介いたします。
通院が出来ない間は当院で診療し、ご状態が良くなれば当院を卒業し、地域の医療機関に通院していただく ことも可能です。
施設に入所されている方も、お気軽にご相談ください。
施設の居室も、患者さんにとっては「住まい」です。患者さんのご希望があり、施設の職員さんのご理解・ ご協力がいただけるならば、積極的に看取りの支援も行います。


最期の時まで
『自分らしく』過ごせます

「家」だからこそ、『自分らしく』過ごすことを共に目指します。
症状の改善し苦痛の和らげるための処置を行います。死を自然なこととしてとらえ、不自然に延命するより、 苦痛を緩和し、その人らしい生を援助します。
手を差し伸べ、体に触れ、声をかけ、耳を傾け続けます。
毎日の変化、これから病状がどのように変わっていくのか、丁寧に詳しくご説明します。
ご自分の家で、たっぷりある時間の中で説明を受け、共に考える時間を持つことにより今の状態が良くわかっていただけます。
在宅緩和ケアは、癌・非癌に関わらず、受けていただくことが可能です。
最期の時を病院で迎えたいと希望される方には、入院までの期間を、当院で診療します。
いわもと在宅クリニックは、施設基準を満たした在宅緩和ケア充実診療所です。
年間70名余りの方の「在宅看取り」を行っています。
在宅看取りは、「家で生きる」を続けた結果であり、目標ではありません。

Pic 02

紹介元の割合

当院情報

*強化型在宅療養支援診療所

*在宅緩和ケア充実診療所

名称 いわもと在宅クリニック
所在地 大阪府堺市美原区北余部45-23
TEL 072-369-2780
FAX 072-369-3896
メール zaitaku@iwamoto-c.com
設立年月日 平成28年2月1日
代表者 岩本 元臣
スタッフ 医師2名・看護師2名・事務2名
診療時間 内科・緩和ケア内科・訪問診療
営業時間 月曜~金曜 9時~17時(訪問の日程はご相談ください)

診察範囲

【全域】堺市・松原市・羽曳野市・大阪狭山市

【一部地域】富田林市・藤井寺市・河内長野市・和泉市・高石市(ご相談ください)